MENU

無添加の白髪染めに入っている成分について

無添加の白髪染めに入っている成分は、どのようなものかというと、天然成分がメインになります。

 

天然成分というのは植物染料のことで、アレルギーなどの危険性を避けることができます。

 

たとえば、ミネラル豊富なガゴメ昆布のフコイダンを配合したり、濃密な美容成分を含んだりしています。

 

それで乾燥やダメージで傷んだ髪を修復します。

 

くろめ昆布を含んだ物もあり、保水力、抗酸化力、UVカット効果などに優れています。

 

添加物には非常に数多くの種類があり、白髪染めには沢山含まれています。

 

添加物には髪や地肌にとって影響が出やすいものが沢山あり、これにより痒みなどの症状が出てしまうことがあります。

 

無添加の白髪染めに入っているのは天然の成分なので、アレルギーの心配がなく、使い心地がいいです。

 

しかし無添加だから大丈夫という安易な考えはいけません。

 

無添加の白髪染めであっても、表示指定成分以外の保存料や防腐剤などの成分が使われていないだけで、合成化学物質が使われていることがあります。

 

完全に無添加というわけではないので、無添加の白髪染めを選ぶ時は、どんな成分が入っているのかをよくチェックする必要があります。

素手で使える白髪染めがおすすめの理由とは

素手で使える白髪染めが最近人気になっています。

 

素手で使える白髪染めがおすすめなのは、それだけ安全な成分で作られているからです。

 

白髪染めを使う場合、大抵は付属されている手袋を利用して染めます。

 

手袋を使用して使わないといけないのは、体によくない成分が含まれているからです。

 

市販の白髪染めには、パラフェニレンジアミン、ジーアミン、アミノフェノール、過酸化水素水などの有害な成分が含まれています。

 

これらの成分はかなり危険な成分でありながら、白髪染めに多くに含まれていて、発ガン性があることが判明しています。

 

素手で使える白髪染めには、これらの有害成分が含まれておらず、植物から抽出された天然成分で作られています。

 

化学成分が一切含まれていないので安心して使えるようになっています。

 

炎症の心配がなく、無添加、無香料で化学成分が入っていないので素手で使えるのです。

 

直接手で髪につけることができるので、生え際や分け目の部分などの塗りにくい部分でも簡単に塗ることができます。

 

素手で使える白髪染めなら、初めて白髪染めを使う人でも簡単に染めることができます。