MENU

ヘナで白髪を染めることのデメリット

ヘアカラーを使うことのリスクとは、どのようなものかというと、使い続けることで抜け毛や薄毛、白髪を誘発するというものです。

 

ヘアカラーには強い薬剤が使用されているので、使用し続けると頭皮にダメージを与えることになります。

 

ヘアカラーは、頭皮や髪にダメージが強いので頭皮環境を悪くします。

 

結果、それが薄毛や抜け毛につながってしまうのです。

 

ひりひりしたり、軽い痛みを感じた場合、これは明らかに頭皮へのダメージになります。

 

ヘアカラーを使用するとトラブルになりやすく、刺激性接触皮膚炎やアレルギー性接触皮膚炎などになりやすくなります。

 

頭皮がカラーリング剤で強い刺激を受けると、刺激性接触皮膚炎になります。

 

特に敏感肌の人やホルモンバランスが崩れている人がヘアカラーを使用するとなりやすいので注意しないといけません。

 

アレルギー性接触皮膚炎になると、頭皮のかゆみだけではなく、顔全体が腫れあがることもあります。

 

ヘアカラーを使うと簡単に髪の色を変えることができるので良いのですが、長い目でみると様々なリスクを伴うことになるので、安易に使うのはおすすめできません。

かゆみや髪を痛める成分はジアミン系薬剤

白髪染めでかゆみや髪を痛める成分と言えばジアミン系薬剤なので、注意しないといけません。

 

市販の白髪染めには、様々な化学成分が含まれていて、人によってはアレルギーを発症する危険性があります。

 

予期せぬアレルギーを引き起こすことがあり、場合によっては重症化する恐れもあります。

 

白髪染めに含まれる成分でそうしたことが起こりやすいのは、ジアミン系薬剤です。

 

ジアミンというのは、パラフェニレンジアミンという合成化学染料のことで、市販されている白髪染めのほとんどに使用されています。

 

様々な色味を容易に作り出すことができる成分なので、白髪染めには不可欠の成分になります。

 

しかし一方で、アレルギーの症状を引き起こす成分でもあるのです。

 

ジアミン系薬剤によるアレルギー症状は人によって違うのですが、赤く腫れる炎症や皮膚のかゆみなどを引き起こすことが多いです。

 

また酷くなると、呼吸困難などの重篤なアレルギー症状が出ることもあります。

 

白髪染めを選ぶ時は、かゆみや髪を痛める成分のジアミン系薬剤が含まれていない物を選ぶことが大事です。

 

天然成分配合の無添加の白髪染めがおすすめです。