MENU

ヘナで白髪を染めることのメリット

ヘナで白髪を染めることのメリットと言えば、髪が傷まないことです。

 

市販のヘアカラーの場合、髪が傷むことが多いのですが、ヘナは100%天然の色素を利用しているので髪や頭皮に優しくなっています。

 

ヘナは化学反応がなく、天然の染料で髪に色をつけるだけなので、髪が傷むことなく、天然のトリートメント効果により髪が良くなっていきます。

 

また、ヘナには毛染め以外の効果に、地肌や髪の汚れを取る洗浄効果やコンディショニング効果、そして頭皮の毛穴から老廃物を取り去る効果、フケ予防効果などがあります。

 

ヘナなら、頭皮や体に悪影響をおよぼすことがありません。

 

通常のヘアカラーは、ほぼ100%化学薬品でできているので、頭皮や体に悪影響を及ぼします。

 

その点、ヘナは100%天然成分なので、体に与える悪影響はありません。

 

科学染料による成分で頭皮がかぶれてしまう人は、白髪染めができないことになりますが、ヘナの成分が合えば使用することができます。

 

安価に染めることができるのもヘナで白髪を染めることのメリットで、ヘナをつかって自宅で染めれば美容院よりもかなり安く染めることができます。

ヘナで白髪を染めることのデメリット

ヘナで白髪を染めることのデメリットは、時間がかかるところです。

 

ヘナで白髪染めする場合、準備するアイテムが多く、放置時間も長くかかるので手間取ります。

 

慣れるまでに時間がかかるので面倒です。

 

髪の色が明るくならないのもデメリットで、ヘナには脱色作用がありません。

 

ヘナで白髪を染めることはできるのですが、黒い髪を明るくすることはできません。

 

あくまで着色するだけなので、白髪がない人で髪を明るく染めたい人にはおすすめできません。

 

白髪を染めながら髪色を全体的に明るくするということは、ヘナにはできないのです。

 

また、ヘナ100%の場合、白髪がオレンジ色に染まってしまうので、ブラウンやブラックにしたい場合、色の調整が必要になります。

 

慣れないと自分で色の調整をするのは難しいです。

 

一度ヘナで白髪を染めると、途中でヘアカラーのチェンジが上手くできないのもデメリットです。

 

ヘナの場合、髪がしっかり染まると色を抜くことが困難になりますが、一方でヘナが定着するまでの間に色落ちが発生するというデメリットもあります。

 

衣類に色うつりしたり、タオルや枕カバーに着色する可能性があります。