MENU

一時着色料(白髪隠し)で白髪を染めることのメリット

一時着色料というのは、染料を髪の表面に付着させることで髪を一時的に着色するもので、白髪隠しとよく言われます。

 

カラースティック、ヘアマスカラ、ヘアカラースプレーと呼ばれることもあります。

 

一時着色料のメリットは、すぐ色を付けられるところで、染める際の下準備がないので便利です。

 

また、染めた後、シャンプーやお湯で流す必要がないので手間がありません。

 

そして髪や頭皮にダメージなく、簡単に白髪が隠せるメリットがあります。

 

スプレータイプなら、白髪が目立つ部分にスプレーするだけで簡単に染めることができます。

 

一時着色料のメリットは、すぐに白髪を隠せるところで、生え際や根元部分の白髪が目立ち始めた際に重宝します。

 

部分染めにも広範囲にも使用することができ、スティックタイプ、ファンデーションタイプ、マスカラタイプなど色々な種類があります。

 

髪を傷めずにシャンプーですぐに落とせるのも一時着色料のメリットで、髪の表面だけをコーティングして色を付けるので、シャンプーするとすぐに洗い落とすことができます。

 

キューティクルを強引に開けて染料を浸透させないので、髪や地肌にやさしいメリットもあります。

一時着色料(白髪隠し)で白髪を染めることのデメリット

白髪隠しなどの一時着色料で白髪を染めることのデメリットは、汗や雨などで色がすぐに落ちてしまうところです。

 

気を付けないと服や帽子に色が付いてしまうことがあります。

 

染める際、着ている服に色が付いてしまうことがあるので、使用する時は服が汚れないよう気をつける必要があります。

 

このタイプの白髪染めは手軽で簡単に染められるのですが、永続的な効果はないので注意しないといけません。

 

それを知らないで購入すると、買ってから失敗したということになりかねません。

 

一時着色料の場合、あくまで一時的な白髪染めに分類されるものになるので、長期間の効果は期待できません。

 

髪の表面だけを染めるタイプになるので洗うとすぐに色落ちし、他の白髪染めのように1~2ヶ月色持ちするということはありません。

 

朝塗って夜にシャンプーすると落ちるので、応急処置的な使用に耐えるものになります。

 

長期的な色持ち効果を期待して買ってはいけません。

 

一時着色料は、広範囲や全体的に色を付けることが難しく、やろうとすると色がムラになりやすくなります。

 

時間と金額面がかさむのもデメリットです。