MENU

ヘアカラートリートメントで白髪を染めることのメリット

ヘアカラートリートメントで白髪を染めることのメリットは、体に安全なところです。

 

市販の白髪染めのように体に悪い化学薬品が入っていません。

 

頭皮や髪にやさしく、アレルギーが出にくいのがヘアカラートリートメントの良いところで、敏感肌の人やアトピーの人でも使えます。

 

頭皮と髪にやさしく安全性が高いので、頭皮が痛くなったり髪がゴワゴワすることがありません。

 

悪い化学薬品が含まれていないので頭皮が赤くなったり痛くなったりしません。

 

薄毛や細毛になる心配がないのもメリットで、体に悪いものが入らないので頭皮が硬くなりません。

 

頭皮が硬くなると薄毛や細毛になりやすいのですが、トリートメントタイプの場合、その心配が少ないです。

 

アレルギーの原因となる化学薬品が入っていないので、薄毛になったり髪が細くなる心配が極めて少ないのです。

 

化学薬品入のヘアカラー剤を使っているとアレルギー反応を起こすことがありますが、トリートメントタイプのヘアカラーはアレルギーがほぼ出ないので頭皮にダメージを与えません。

 

また、天然由来成分で作られているので、使っていくと髪にツヤがでたり髪がしっとりするのもメリットです。

 

使えば使うほど髪にツヤが出てきてキレイになります。

ヘアカラートリートメントで白髪を染めることのデメリット

ヘアカラートリートメントで白髪を染めることのデメリットは、時間がかかるところです。

 

このタイプは、1回使っただけでは中々キレイに染まりません。

 

化学薬品を使ってないので1回でキレイに染まることがなく、連続して使用しないとキレイに染まりません。

 

時間がかり、何回も使わないとダメで、染まりが悪いです。

 

市販のヘアカラー剤よりも染まりが悪いのが最大のデメリットです。

 

一般的なヘアカラー剤のようにキレイに染まるまでに時間がかかるので、急いで染めたい人には不向きです。

 

色落ちするのでメンテンナンスが必要なのもデメリットです。

 

ヘアカラー剤の場合、1回使うと半永久的に染まりますが、トリートメントタイプの場合、色が落ちやすいです。

 

そのため、色が安定して定着した後も週に1~2回は使わないといけません。

 

どこでも買えないとうのもデメリットになります。

 

ヘアカラートリートメントは通販限定の商品が多く、ドラックストアやスーパーに行ってもなかなか売っていません。

 

使っていて無くなったことに気がついた時、すぐに買えないので、普段から残りの量をよく見ておかないといけません。