MENU

ヘママニキュアで白髪を染めることのメリット

ヘアマニキュアで白髪を染めることのメリットは、髪の内部にまでカラー液が浸透しないのでダメージが少ないところです。

 

髪の毛や頭皮を傷めにくいので、アレルギー症状のリスクも小さいです。

 

ヘアマニキュアは髪に塗るマニキュアなので、髪のキューティクルの表面にカラーを吸着させていきます。

 

キューテュクルを破壊しないで色付けできるので、ヘアカラーと違って髪の内部まで浸透しません。

 

そのため、髪を傷めずに染めることができます。

 

また、ヘアマニキュアは、髪にツヤを出してくれます。

 

そして見た目に美しいツヤが出るだけでなく、髪表面をコーティングすることで保護できます。

 

ドライヤーの熱や摩擦、紫外線から守ってくれる効果も期待でき、ダメージヘアや猫っ毛、ボリュームが出すぎてしまう髪質など、あらゆるタイプに効果を発揮してくれます。

 

ヘアマニキュアで白髪を染めると何より安全であるということが一番のメリットです。

 

トリートメントタイプのヘアマニキュアであれば、天然成分を使用しているのでアレルギーの心配がありません。

 

髪や頭皮に優しいので、安心して白髪を染めることができます。

ヘアマニキュアで白髪を染めることのデメリット

ヘアマニキュアで白髪を染めることのデメリットは、一度ではしっかり染まらないところで、色の持続期間が短いところです。

 

希望の色に染まるまでには回数が必要で、何度も使用しないといけません。

 

ヘアマニキュアの場合、ヘアカラーに比べて染まりにくく、ヘアカラーのようにキューティクルの中に色付けしません。

 

髪の表面に色をのせるだけなので、染まりにくく色の持続期間もどうしても短いです。

 

ヘアマニキュアはヘアカラーに比べて染めが弱く、何度か白髪染めを行わないとうまく着色できません。

 

また、染めが完了しても何度かシャンプーするとすぐに洗い流されてしまいます。

 

そのため、定期的に白髪染めを行わないといけません。

 

ヘアマニキュアは、ヘアカラーよりも簡単に染められるのですが、回数を重ねないといけないので面倒です。

 

ヘアマニキュアは色落ちするのが早く、表面だけに塗っているので1ヵ月くらいで落ちてしまいます。

 

黒髪にはあまり効果がないのもデメリットと言えます。

 

黒髪にヘアマニキュアしても、少し色が違う程度にしか染まらないので、黒髪をはっきりさせたい人にはおすすめできません。