MENU

ヘアカラーで白髪を染めることのメリット

ヘアカラーで白髪を染めることのメリットは、明るくなるところです。

 

また一回でしっかり染まるのもメリットで、2ヶ月ぐらい持ちます。

 

そして値段が安いのもメリットで、数百円ぐらいから買うことができます。

 

お金があまりかからず、一度染めたら明るいままです。

 

色を入れている場合は退色しやすいですが、明るくすることができます。

 

ヘアカラーなら、自分の好きな色に髪を染めることができ、自分で手軽にできます。

 

最近では、新しいタイプのヘアカラーが沢山開発されていて、白髪でもしっかり染まる染毛力に優れたモノも登場しています。

 

ヘアカラーの最大のメリットは安さにあり、美容院でのヘアカラーの半額以下、もしくはそれ以上の安い価格で染められます。

 

白髪は定期的に繰り返し染めなくてはいけないので、安く買えるヘアカラーは魅力的です。

 

また、安いだけでなく、色持ちが良いメリットもあります。

 

キューティクルを開いて酸化染毛剤を内部に浸透させていくので、色がしっかりつきます。

 

色持ちが良いとうことは、染め直しの回数も少なくできるので、よりコストパフォーマンスは高くなります。

ヘアカラーで白髪を染めることのデメリット

ヘアカラーで白髪を染めることのデメリットは、髪が強く傷むところです。

 

ヘアカラーの場合、化学反応をおこして髪の内部から発色させるので、キューティクルが溶けてしまいます。

 

色がはっきり出て長持ちするのは良いのですが、髪はかなり痛んでしまいます。

 

頭皮が傷む可能性も高く、使用するとアレルギー発症の可能性もあります。

 

一度発症すると二度と使うことはできません。

 

ヘアカラーで白髪を染めるということは、髪の内部に働きかけて髪の色素を脱色してその上で髪に色をつけることになります。

 

そのため、髪の外側だけでなく内側にも色を染み込ませることになり、結果的に髪にダメージを与えることになります。

 

ヘアカラーは、しっかりきれいな色を付けたい時や色を長持ちさせたい時に便利ですが、刺激が強いので敏感肌の人は使えません。

 

地肌にも薬液がつくのでアレルギーの人には向きません。

 

そして使用するとキューティクルの表面にある油分までほぼ無くなってしまうので、指通りも悪くなります。

 

白髪が染まりにくく退色しやすいのもデメリットで、ヘアカラーの場合、凝ったことはできません。

 

地毛との差がある場合、伸びてくるとみっともなくなります。