MENU

白髪染めの種類について

白髪染めの種類にはヘアカラーがあり、これはメラニン色素を分解して脱色することで染料を髪の内部へと定着させていきます。

 

ヘアカラーはしっかり白髪染めをできるので便利で、クリームタイプやジェルタイプがあります。

 

クリームタイプは部分的な白髪におすすめで、ジェルタイプは全体を染めたいときにおすすめです。

 

ヘアカラーは、髪の内部にまで染料が浸透するのでしっかり染まり、シャンプーによる色落ちも起こりにくいです。

 

ただ、繰り返すと髪にダメージを与えやすく、パサついたり、手触りが悪くなったりします。

 

また、髪が伸びてくると根元と染めた部分に差ができるので、部分的な染め直しが求められます。

 

次にヘアマニキュアがあります。

 

これは脱色しないで、髪の表面のタンパク質に染料を浸透させ吸着させていくというものです。

 

白髪を自然な色にできるのですが、シャンプーすると2~3週間程度で色が落ちてきます。

 

ヘアマニキュアは部分的に白髪が生えている人向けで、生え際など白髪が残っている部分に便利なのですが、1ヶ月程度で元の色に戻ります。

 

白髪染めの種類には、使用するごとに徐々に色艶が増していくヘアカラートリートメントや、髪の表面に一時的に色をつけるだけのカラースプレーもあります。

白髪染めと薄毛の関係について

白髪染めと薄毛の関係は気になるところですが、基本的には薄毛との直接的な関係はありません。

 

白髪染めを使ったからと言って、薄毛になることはありません。

 

ただ、白髪染めにはさまざまな薬品が使われているので、髪や頭皮は少なからず刺激を受けます。

 

また、人によっては白髪染めに対してアレルギー反応を起こすこともあり、赤みや湿疹、フケや抜け毛などの症状が出ることもあります。

 

そのため、使用前には必ずパッチテストを行うようにしなければなりません。

 

白髪染めで染めてすぐに影響が出ることはないのですが、繰り返し使うことで薄毛につながることはあります。

 

若いころから頻繁にヘアカラーで髪を染めている人は、それだけ髪や頭皮にダメージが蓄積されていることになります。

 

しかし通常、白髪染めの薬品が毛根まで作用することはほとんどないので、使用方法や使う頻度が正しければ頭皮への影響は心配ありません。

 

白髪染を使う頻度を1ヶ月に1回~2ヶ月に1回にすれば、トラブルになることはまずありません。

 

髪や頭皮にやさしい白髪染めを使えば、薄毛になることはないでしょう。